HOME>特集>そもそも原状回復とは?原状回復工事には様々なメリットがある!

そもそも原状回復とは?原状回復工事には様々なメリットがある!

作業員

入居率の向上と資産価値の低下防止が期待できる

大家の皆さんは原状回復工事をご存知でしょうか。原状回復工事とは、入居者が退去した際に、入居前または新築に近い状態に戻すための工事のことです。これを行うメリットは、入居率の向上と資産価値の低下を防ぐことです。入居率に関して、入居の決め手になるものは築年数や外観などもありますが、最も重要なポイントは内覧時の部屋の様子です。そのため、普通の家賃の物件の場合、清掃のみなどの簡単な整備の場合、入居者を集めにくく、空室が増えることが考えられます。逆に、新築同様な部屋であれば多少築年数が古かったり、人気エリアでなかったりしても入居率が上がる確率は大いにあります。ですから、原状回復工事はきちんとした業者に依頼する必要があリます。

リフォーム

原状回復工事の主な内容

では、原状回復工事とは何をして部屋の内装をきれいにするのでしょうか。工事の内容は主に以下のようなものです。一つ目は、ハウスクリーニングです。清掃のようなものですが、水回りやエアコンの中など一般人や市販の道具ではなかなかきれいにできないような場所を重点的に清掃します。プロが行うことで、新築同様に回復することができます。2つめは、壁紙や畳などの張替えです。壁紙は紙のため匂いや汚れを吸収しやすく、日焼けをすることもあります。そのため、これを改めることで清潔感を高めることができます。畳やフローリングについては、損傷が軽度の場合はハウスクリーニングで済ませることもあります。普通の人には難しい部分の清掃や床材、壁紙の張替えなどプロの手を借りなければならないこともあるので、検討する必要がありそうです。