HOME>特集>賃貸借契約上必要となる原状回復義務とは?賃貸人が負う義務!

賃貸借契約上必要となる原状回復義務とは?賃貸人が負う義務!

リフォーム

原状回復義務の発生根拠を知ろう!

賃貸住宅の家主と賃借人の間で賃貸借条件を自由に契約して良いことになっていますが、賃貸借契約にはひな形があり、数多い賃貸住宅はこれを基本形として賃貸借契約が締結されています。この契約により賃借人は入居時に決められた敷金を家主に預けて、入居期間中、部屋や設備を利用して生活するわけです。この賃貸借契約には、賃借人の故意や過失によって汚したり、破損やキズを付けたりした場合、退去時に本人負担で原状回復する義務条項が盛り込まれていて、敷金で精算するのが一般的なルールになっています。ところが、賃貸住宅は一昔前に住まいのない人が困っている状況の中で増えてきた事情があります。このため、家主の方が強い立場で貸していた経緯があり、賃借人が泣き寝入りするケースが多かったわけです。

室内工事

原状回復工事は信頼できる業者へ依頼することが大切

部屋や設備は賃借人が善管注意義務をしながら生活していても、経時変化や自然劣化を受けて汚れや破損の生じることが避けられません。また、こうした変化の度合いには感覚的な判断が入るので家主と賃借人で判断が異なってもおかしくありません。家主と賃借人の間で部屋や設備に対する判断が異なっていたわけです。こうして、時がたつにつれて退去時の敷金返還問題が両者間の紛争の種となって広がってきたわけです。そこで、行政サイドが判断基準の考え方をガイドラインにまとめ、その後も裁判沙汰になった事例の判断まで含めて、今日まで改定を繰り返してきました。こうした関係機関の努力により、部屋や設備の原状回復に対する家主と賃借人との間で責任区分が明確化されてきたので、賃貸住宅の退去時に敷金返還に関わる紛争が大幅に減少しました。基本的に、経時変化や自然劣化が原因と考えられる部分は賃借人の負担でなくなったわけです。家主は部屋や設備の原状回復工事に必要以上のお金をかけると自分で負担する必要が出てきました。